06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最寄り駅。変わる

2008年07月28日
20080728202530
今、このポスターが沢山貼られています。
改札を出たら、今までとはすっかり別世界です!

オォ、こりゃ便利になるし、キレイになるなぁ~

と思う反面

嘗てのひなびた感じが無くなっちゃうんだなぁ~

と、少~し寂しい気もしてます。
スポンサーサイト
日常 | コメント(4) | トラックバック(0)

盆踊り

2008年07月27日
20080727193043
甥っ子に
連れられて
盆踊り

今日は撮影隊です(笑)
日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

まったり(?)休日

2008年07月20日
本当は富山オフへ行きたかったのですが、仕事等、諸々の事情で断念しました。
でもこのところ、結構疲れが溜まっていたので丁度良い骨休め、といった今週末です。

昨日は、朝は久しぶりにゆっくりでした。
昼過ぎになって、カミさんの調子も少々良くなってきたという事でちょっくらお出かけ。
目的地はポプリロード&羽生のショッピングモール。

ポプリロードは私のプリウスのオフ会参加のキッカケというべき、原点のような場所。
どうしてもここに足が向いてしまいます。

スカイスポーツ公園にて
夕暮れ時、車はマイプリだけです。





次に、羽生のショッピングモールへ
早速、カミさん、コチラでお買い物(笑)。
ひみつの買い付け
何だかキョーフな予感が・・・(^^;)



この後、Zoffというオシャレなメガネ屋さんへ。
めがね屋さん前(Zoff)


ここで、何故かお互いのメガネを新調しよう!ということになったのです。
私のはレンズがあったので、直ぐに作ってもらったのですが、カミさんはレンズが取り寄せになってしまったので、改めて受け取りに行く事になってしまいました。
でも、またポプリロードに行く口実が出来たので、シメシメです。

とりあえず私のだけ。
マイめがね
一見代わり映えしないかな。内側のオレンジが気に入っています。ケースが何気にライトグリーン(笑)



んで、今日の往復燃費。(M-1による)
今日の燃費(M-1)
平均燃費35.53km/L  走行距離134.31km  エンジン燃費9.23km/L  エンジン比率26%  平均時速30km/h
720kmを過ぎた所で10ゼグが消えました。

どうしても自宅近辺では燃費が少々落ちます。その割りにコノくらいで収まればまぁまぁかと思います。
プリウス | コメント(4) | トラックバック(0)

最寄り駅の中の

2008年07月12日
20080712090024
鑑賞池。
大きさは一畳程の小さな池。

大きな金魚が数匹。
気持ち良さそう。

池の水は、崖から湧き出る湧き水。

ちょっとホッとさせてくれる空間です。
日常 | コメント(6) | トラックバック(0)

叔父さんとの、もう一つの話(長文注意)

2008年07月12日
前回の日記で、カミさんの叔父さんに関わる話を書いたのですが、今まで暖めて続けていたもう一つの話を披露したいと思います。



私がカミさんと結婚した当初、カミさんのお祖父さんとお祖母さんはご尊命だった。早くに祖父母を亡くした私にとって、義理ではあるけれど自分の祖父母が出来た、という事はとても嬉しいことだった。

ただ、お祖母さんについては、叔父さんと同じく長い間腎臓病を患っており、叔父さんと共に毎週3日の透析が欠かせなかった。
病院の送り迎えはカミさんの親父さんがしていたのだが、私の仕事が休みで、親父さんが忙しい時は、時々私が運転手役を代わりに買って出た。理由は簡単。ただそういう事をしたかったから。
もしかしたら、自分が祖父母に出来なかった無念さというか気持ちをそこにぶつけていた、という表現が適切かもしれない。

しかし、とても残念ながら、11年前の8月、お祖母さんは、長い闘病生活の末、天に召されていった。
その時私も、会社の仕事をうっちゃって、お祖母さんの臨終の場に立ち会った。とても安らかな顔だった。


それから数日後の告別式の日、私は親父さんに呼び出され、

「この日は、マモちゃん(=叔父さんの愛称)の透析の日なんだ。今朝、病院へ送ってきたが、迎えの時間は丁度お祖母ちゃんを荼毘にふす時間と重なっているんだ。悪いけど、病院迎えは行ってくれないだろうか?お骨拾えなくて本当に申し訳ないけれど、他に頼める人がいないんだ」
そして、
「透析はかなり体力を使うから、病院からマモちゃんを迎えに行ったら、ウチ(=カミさんの実家)まで連れて行って、空調を掛けた後に、ベッドに寝かせて休ませて欲しい。それが終わったらまた葬儀場に戻ってきて」
と頭を下げられた。
私は、二つ返事で、「良いですよ、私が迎えに行きます!」と言った。

それは、お祖母ちゃんのお骨が拾えないという事は寂しくないわけではなかったが、親父さんの申し訳なさそうな表情に、是非ともこの使命を果たしたい!と心から思ったのだ。
>>続きを読む・・・
日常 | コメント(2) | トラックバック(0)

叔父さんに乗って欲しかったな

2008年07月05日
これは、我が最寄り駅の光景である。
つい先日、やっと常設のエレベータ、エスカレータが設置された。
元々の駅の造りを知っているだけに、まあ良く出来上がったものだと感心するのだが・・・

最寄り駅の写真



この風景を見て、いつも思い出す事、それは、かみさんの叔父さんのことだ。
かみさんの叔父さんはかみさんの親父さんの弟ということだが、残念ながらもうこの世の人ではない。8年前の7月に亡くなってしまった。


叔父さんは生まれ付き体が弱く、晩年は腎臓を患い、亡くなるまでずーっと透析をしていた。
私がかみさんと結婚してから、既に透析はしていた。
私はかみさんの親父さんが忙しい時、ほんの数回だったが叔父さんを透析をしている病院に送り迎えをしたことがある。

そういう事があったからというわけではないけど、私もかみさん同様に叔父さんには可愛がってもらった。

かみさんの実家と杏太郎家は至近距離にあり、最寄り駅は同じである。
かみさんの実家に同居していた叔父さんは、元気な頃、買い物が好きで、よく上野や御徒町へ行っては、面白いものを買ってきてくれた。
印象的なのはあの当時、私はタバコを吸っていたので、アメ横で、女の人の写真付きのライターで火をつけると水着になるというのを買ってきてくれたりして、楽しい叔父さんだった。


特に御徒町へ行った時、いつも叔父さんはこんなことをぼやいていた。
「オレ、足が悪いからなぁ~、階段上り下りするの、いつも大変なんだよな」

あの当時、最寄り駅も、御徒町駅も、エレベータやエスカレータが無かったのだ。
足が悪いのに、二木の菓子とかで大量にモノを買ってきたりしていたので、相当大変だったろうというのは想像に難くなかった。


叔父さんが亡くなってから5年後、やっと御徒町駅にエスカレータが設置された。一方最寄り駅の方はと言えば当時まだ階段しかなかったが、現在やっとエスカレータもエレベータも両方付いた。

今朝の通勤時、叔父さんを思いながらエスカレーターを下った。
あの当時、これがあったら好きな買い物もラクに出来ただろうと思いながら・・・



本当は、叔父さんに乗って欲しかったな。。。
日常 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。