07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

冬の雑感

2010年02月12日
【内部統制】とか【コンプライアンス】という言葉を聞くようになって久しい。システム上でも「IT統制」とか「IT監査」なんていうのも佳境を向かえつつある。

そんな中、私と言えば、仕事が大分やり辛くなってしまった。要は今まで何て事なく使用できたデータベースにアクセス出来なくなったり、私の知らない所で仕組みが変えられていたり。お陰で今までスムーズに出来ていた仕事が、しばしば滞るようになってしまった。
その事をシステム部へ指摘しても、彼らは忙しいの一点張りで何も対応出来ず、結局運用でどうにかしなくてはならない有り様だ。
詳しい事は分からないが、その原因はどうやらIT統制、IT監査絡みらしい。

私も一応システムに携わっているので、セキュリティー強化の必要性は理解出来る。しかし、本来便利さで発達してきたハズのITが運用に支障をきたしてしまっては、これこそ本末転倒だろう。

会計上でも、IFRS(国際財務報告基準) 導入か?と戦々恐々としている、なんてことも相まって、世の中どうもややこしい方向へ進んでいるような気がする。

仕事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
>要は今まで何て事なく使用できたデータベースにアクセス出来なくなったり

それがIT監査による"改善"点であり、IT統制の具現のひとつなんでしょうね。
IT監査を受けるとよ~くわかります。
でも、セキュリティ担当者が周知もせずに統制を強行することは好ましくないですねぇ。
ユーザを混乱させるということは業務に支障が出ることことになるわけですからね。
これからはもっとややこしくなるでしょうね。オイラも疲れます。
usagiさん、お疲れ様です。
安心してはいけないのですが、自分の職場だけかと思ったらそうでもなくて、気持ちを分かってもらえているようでホッとしています。
性善説で考えれば、そんな統制などしなくて良いのだけれども、性悪説で考えれば統制は天井知らずですものね。
統制に先走りすぎて、実際使っている人を蔑ろにしているようにしか思えず、そろそろ良い加減にしろ、と言いたいです。

管理者のみに表示
« 拠り所 | HOME | 積雪 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。