10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

あきらめる

2012年12月25日
先日、親父の入院している病院から転院話が来た。入院して3か月余。私の中では、そろそろそんな話も出てくるだろうと予測済みではあった。

先週木曜日、母親から一緒に行ってくれないかと依頼を受け、ソーシャルワーカーから紹介された病院へ母親と2人で面談に行った。
殆ど毎日親父の様子をつぶさに見ている母親からすれば、僅かながらも徐々に良くなってきている親父の姿から、もしかしたら体調が戻り自宅へ帰れるのではと一縷の望みを抱いていた。
ところが、その紹介された病院からの返事はその望みと真逆な答えであった。
日常 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
少しづつ良くなっているんだし、お母様はもちろんお父様もリハビリで在宅になりたいと希望している間は「あきらめる」なんて言っちゃダメですよ!
まだ3か月!もっと頑張ってもらおうね(^▽^)/
マリウスさん、ご心配下さり、本当にありがとうございます。

「現状」と「思い」とのバランスを取りながら、ベストな道を模索していきます。

管理者のみに表示
« 受け入れる | HOME | 運命 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。